カテゴリー: レポート

新人戦体験レポート

福岡大学PEACE草場優希

11月6~7日に静岡県富士市富士川緑地公園にて行われました、第20回学生新人アルティメット選手権大会にウィメン部門で福岡教育大学球ちゃん☆との合同チームで福岡大学PEACEとして参加しました!同じく九州からはオープン部門で福岡教育大学球ちゃん☆、ウィメン部門で筑紫女学園大学cheersの参加でした!

参加チーム数はオープン47チーム、ウィメン39チームでした。私たち福岡大学PEACEは7位、福岡教育大学球ちゃん☆は18位、筑紫女学園大学cheersは31位でした。
天候にめぐまれ、悪魔の強風がふくこともなく、きれいな秋の富士山をバックに気持ち良く試合をすることができました。

ウィメン部門に関しての感想は、福大得意のゾーンディフェンスが効いたり効かなかったり、思うようなオフェンスをできたりできなかったりと同じ経験年数のプレーヤーと戦っているのにチームによって手ごたえは様々でした。それによって、自信になったこと、これからの目標と課題をおみやげにすることができました。また、私たちを含めどのチームにも共通していたのは、学生選手権や全日本選手権など上級生が多く出場する大会に比べてどのチームも自分たちのミスが多いということです。これに何度泣き、何度救われたことでしょうか(笑)そのせいもあり、ワンターンが長いゲームが多かったように思います。いかに相手にチャンスを与えず、相手のミスというチャンスを点数につなげるかということがアルティメットに重要なのか、ということですね。

1日目の夜には各大学のキャプテンが集められ、学生連盟による評議会が行われました。ここで次学生連盟役員の紹介や2010年度大会の報告などが行われました。そして、私たち学生連盟九州支部の設立が承認されました!

全国規模で行われる大会に積極的に参加して刺激をうけることで、もっと九州のアルティメットは盛り上がるのではないかと思います。そして九州内でもお互いに高めあっていきたいですね。
あまりうまくまとめることができませんでしたが、私以外にも新人戦に行った九州勢はたくさんいますので、ガッツトーナメントなどの機会に是非話しかけてください♪